糸になる前の繊維(fiber)や金属ワイヤーなどを使い、手の感覚を頼りに、仮面や立体を形作っていく作業は、自分の性に合っているなと思います。素材そのものが持っている法則と素材の新しい組み合わせを見つけながら、自分の内にある物語りや哲学的な問いを形にしています。少しずつではありますが、繊維を使った制作を続けています。

MASK

UTSUWA

OTHERS

PAGE TOP