たかとり歯科クリニックに搬入した歯科医用チェストとワゴン

歯科医の道具

こだわりがある人か無い人かどちらかといえば、あまりこだわらない夫だと私は思う。
かなり柔軟な姿勢で制作しているみたいだ。だからこそ、こだわりをもったご注文に対応できるのかもしれない。
30年来の友人より依頼をいただいた歯科医の道具たち。心地よく診療するためのリクエストがいくつもあって、それをクリアすべく、沈思黙考している夫の姿はかなり珍しい光景であった。
様々な工夫をほどこして、依頼通りに出来上がったチェストとワゴンを見た時には、掛けねなしにすごいなあと思った。
「既成のものより使いやすく、美しい道具を使いたい」という依頼人とそれに答えて仕事をした夫。ふたりの心意気は絶賛に値する。
医院リニューアルの折に、チェストワゴンとカールコードつきワゴンが5台づつ並んだ。この美しい道具を眺めながら、友人のつぶらな瞳が満足そうに輝いた。同時に、夫もこの上ない充足感を味わっていたようだった。

関連記事

  1. 樽材で作ったバターディッシュとバター

    マーガリンよさようなら

  2. まな板の上の木工家清水久勝 

  3. 木製の離乳食スプーン

    離乳食スプーン制作の原点は?結婚33年目のギャップ萌え

  4. 木工家具作家清水久勝の制作風景

    私失敗しないので・・・

  5. ハープの形の背もたれの椅子とベースを弾いている人の写真

    お名前変えます

  6. 願いが叶うお菓子ポルボロン

    バターを使ったお料理・ 願いが叶う魔法のお菓子

  7. 清水久勝がもらったニックネーム

  8. 工房 SHIMSの招き猫

PAGE TOP