SHIMS FURNITUREの焼印

むずかしい焼印

焼印難しい。焼き加減と押し加減は、練習してもナカナカうまく掴めない。完成した作品に押すのは、一発勝負で、極々、緊張の瞬間。電熱式の方が使いやすそうです。(たかをくくって直火式にしました。チョット後悔です)今からすでに納品した作品に押しに行かねばなりません。深呼吸、深呼吸。

関連記事

  1. 親ごころ〜手児奈展

  2. カンナで木を削っている時に・・・

  3. めったにないこと

  4. 洋樽の来歴を語るエンブレム

  5. 休日の島旅

  6. 木馬の名前は「アオ」

  7. 2018年。最後の日に。

  8. ワインを貯蔵していた樽

    樽は生きている

PAGE TOP