樽材で作ったスツール

地味〜なともだち

本当に地味な椅子だ。
暗い場所に置いてあったり、椅子の上になにかしら物がおいてあったら、ほとんどその状況にうもれてしまいそうなくらい地味な感じ。チョットとんがったデザインに目を惹かれがちな私などは、あっさりみすごしてしまうタイプの椅子だ。だが一度腰掛けてみると、その椅子の魅力にひきこまれてしまう。
ちょっとだけのつもりだったのが、おもわず長居してしまう。そんな心地よさがある。背もたれはないけれど、おしりをほっこりと包んでくれるカーブは優しくて疲れていた体が休まっていられる。夫が人間のお尻のカーブを研究し尽くして編み出した曲線。などではなくって、樽材の曲線をそのまま利用させてもらっている。まあ、夫のめのつけどころには拍手だな。
アルコスツール/アミ(曲線のスツール/ともだち)というのがこの椅子の名前。「椅子は一生の友」椅子と共に暮らしている国の人は言う。たとえその存在を忘れられようと、誰かが座るのをひっそりと待っていてくれるような地味な友だちは、一生の友にしたい。椅子の話である。人には望んではバチが当たる。

関連記事

  1. レターカッターに使いたいペーパーナイフ

  2. 木工家清水久勝と樽材との出会い

  3. 工房 SHIMSの招き猫

  4. なしか!のおじさん

  5. インドネシアの箒2本。使い込まれて穂先がなくなったものと新品

    インドネシアの箒

  6. ハープの形の背もたれの椅子とベースを弾いている人の写真

    お名前変えます

  7. SHIMS FURNITURE制作の樽材の正方形のプレート

    自然のままに|洋樽から生まれたプレート

  8. 木製の離乳食スプーン

    離乳食スプーン制作の原点は?結婚33年目のギャップ萌え

PAGE TOP