木工作業に使っているとても短い鉛筆

鉛筆ちび太くん

このちびっちゃいえんぴつ。清水久勝らしいなあ。この一枚の写真の風景は夫の在り方を如実に現していると思う。
「ものは大切に使う」を心がけて生きているわたくしではあるが、さすがにできない。せいぜい5cmが限度だ。あっさり捨てる。夫がその捨てられた鉛筆を拾ってこうやって使っていることに、昨今気づいた。マニアックに集めている訳ではないみたいだ。夫曰く『仕事上使うに支障もないし、短い方がかえって使いやすかったりするんだ。』兎にも角にも、超短い鉛筆を綺麗に削るという作業をしていることに感動を覚える。(わたくし鉛筆削りは大変苦手です。)
芯をキュンととがらせて削ったものも、芯の先がまんまるくなったものも、作業台においてある箱の中で、うっすらと木のほこりをかぶっている。みんな夫の作業の友たちだ。 かわいいな。拾ってもらってよかったね。

関連記事

  1. 工房 SHIMSの招き猫

  2. 木のスプーンを使う楽しみはささやかだけれど・・・

  3. たかとり歯科クリニックに搬入した歯科医用チェストとワゴン

    歯科医の道具

  4. SHIMS FURNITUREが制作した樽材のオリジナルデザインのキッチンスツール

    ユーミンの椅子

  5. ハープの形の背もたれの椅子とベースを弾いている人の写真

    お名前変えます

  6. 木製の離乳食スプーン

    離乳食スプーン制作の原点は?結婚33年目のギャップ萌え

  7. インドネシアの箒2本。使い込まれて穂先がなくなったものと新品

    インドネシアの箒

  8. お洒落な大人の嗜み | 靴べらをバッグにしのばせる

PAGE TOP