なしか!のおじさん

「なしか!」に続いては「チャーランねえ」と叱られる。「なにやってんだよ!」「ダメなやつだな〜」呆れ半分で言う時に使われる地方言葉。最近、夫はこの2つの言葉を私に連発している。しかも強い口調で。意地悪でわざとそう言ってるのがわかっていても、最初は思わず涙がポロリだった。だけれども、慣れました。「おまえもチャーランのぉ」とやり返す口調も習得した。
「妻にちょっと意地悪をする清水久勝さんなんて想像できないわ。それはまゆみさんに原因があるのよね。」と誰しも思っている。お得な人だ。
木には優しい。子どもはもちろん猫や犬にさえも優しい。そして若い女性にはさらに優しい。展覧会の折に開催した木工体験を見ていると、夫の優しさがあふれていた。中学生の少年が樽を削っているのを見守る目。若い女性がだんだん上手に削れるようになるのを嬉しそうに見ている姿。だが、妻には「なしか!」のおじさんなのだ。
追記)なしか!のおじさんを「なうしかのおじさん」と読み間違えてくださった方がいらっしゃいました。ありがとうございます。ナウシカのおじさんの話だったら、素敵だったんですけれど。。。。

関連記事

  1. まな板の上の木工家清水久勝 

  2. 樽材で作ったバターディッシュとバター

    マーガリンよさようなら

  3. 木製の離乳食スプーン

    離乳食スプーン制作の原点は?結婚33年目のギャップ萌え

  4. インドネシアの箒2本。使い込まれて穂先がなくなったものと新品

    インドネシアの箒

  5. 水引草を挿す

  6. 清水久勝がもらったニックネーム

  7. 木工家具作家清水久勝の制作風景

    私失敗しないので・・・

  8. 木工作業に使っているとても短い鉛筆

    鉛筆ちび太くん

PAGE TOP