レターカッターに使いたいペーパーナイフ

「あら素敵!欲しいわあ」
たとえ同じアイテムのものを持っていても、心動かされる文房具はどうしても欲しくなる。
夫が見せてくれた新作の木製ペーパーナイフを見て、次の句をグッと飲み込んだ。
展覧会直前まで、痛む左手首を慈しみながら無心にペーパナイフを削り続けている夫に「私が使ってもいい?」とは流石に聞けなかった。

さて、一目惚れしたこのペーパナイフはレターカッターとして、とても使いやすそうだ。
長さが25cmくらいで持ち手部分の幅は1.5cm前後。
刃の部分は黒檀。持ち手の部分は、花梨で黒檀を挟み込んである。
封書を開封しやすい刃先の幅と刃先の薄さ。
右利き、左利きどちらでも使える両刃カット。
お試しに手紙を開封させてもらったところ、切れ味は良好。サクサクと紙が切れる音も心地よい。
持ち手部分は、掌にしっくりと納まってにぎれる。
そして何より美しい。デスクの上に置いているだけで心満たされる。
持ち手の部分に丸い黒子のようなものが付いているが、これは単なる飾り。でも、この黒子デザインがなんともキュートで思わず撫でてしまう。
『ペーパーナイフをただの道具と呼ぶなかれ』と言いたくなるなあ。

最近は、メールでのやり取りも多くなり、封書でのお手紙はとんと少なくなった。
少なくなったとはいえ、友人知人からのお手紙や展覧会のご案内、クリスマスカードなどは、レターカッターを使って丁寧に開封したい。
開封した途端、封書の中から目に見えぬ、あたたかな何かが広がり出て、送ってくださった方のエネルギーも一緒に受け取るその瞬間はとても貴重だ。ああ、この美しい木のペーパーナイフで、お手紙を開封したいなあ。

でも、今回は我慢いたします。

__________________________
このレターカッターに使いたいペーパーナイフは以下の展覧会に出品しております。

清水久勝・まゆみ二人展『木の道具とヤクのストール』

2020年2月1日〜13日 11:00~18:00
工芸ギャラリー 手児奈
名古屋市中区千代田3丁目14ー22杉浦ビル2F
tel 052-332-0393

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 新作チェスト〜文房具や紙類がクールに仕舞える木の抽出し

  2. ハープの形の背もたれの椅子とベースを弾いている人の写真

    お名前変えます

  3. 樽材で作ったバターディッシュとバター

    マーガリンよさようなら

  4. SHIMS FURNITURE制作の樽材の正方形のプレート

    自然のままに|洋樽から生まれたプレート

  5. 木工家具作家清水久勝の制作風景

    私失敗しないので・・・

  6. まな板の上の木工家清水久勝 

  7. 工房 SHIMSの招き猫

  8. レモンバターパスタ

    バターを使ったお料理 ・レモンバターパスタ

PAGE TOP