飴色になった木のコーヒースプーン

朝カフェ

作業に取り掛かる前にコーヒーを飲む。
お湯を沸かしている間に豆を挽いて、ネルフィルターでドリップをする。ネルフィルターは紙と違って洗ってまた使えるのがいいし、ご用済みのものは家具磨きにはもってこいの布になる。かなりたくさんたまるので、豆を挽きながら他の使い道を、時々、考えたりもします。銅製のコーヒポットとドリッパーは、30年選手なりの風格があり、樽材で作ったメジャースプーンも、いつの間にかすっかり飴色になって、つやつやとしている。時間をかけて、佳きものに変わっていくのはいいなあと眺めて、今日の朝カフェはおしまい。本日も、フィルターの使い道の良いアイデアは浮かびませんでした。

関連記事

  1. 木馬の名前は「アオ」

  2. カンナで木を削っている時に・・・

  3. 親ごころ〜手児奈展

  4. ワインを貯蔵していた樽

    樽は生きている

  5. 洋樽の来歴を語るエンブレム

  6. 家族の物語を繋ぐ小さな木の椅子に

  7. 休日の島旅

  8. 2018年。最後の日に。

PAGE TOP