休日の島旅

福岡市街地を背に、海上タクシーで5分。博多湾に浮かぶ能古島に初上陸。
日ごろ汗だくで右往左往している街を、海を隔てて遠目に眺めるのはなかなか面白い。
島内にあるアイランドパークには、向日葵、ブーゲンビリア、他にも南国の色とりどりの花がたくさん咲いていた。芝生も花も手入れがゆき届いていて気持ちよく、湾内の景色も360度楽しめる。入場料1200円を払う価値は十分にありますよ。
帰りは市営渡船10分で、あっという間に日常の喧騒に戻る。
仕事がらみであちこちにはよく出掛けるけれど、仕事抜きでの休日は久しぶりだ。実質は短い時間の島旅だったが、車を置いて船とバスと徒歩で動いた分、遠くまで出かけたみたいだった。風も心地よく過ごしやすい日で、お得感満載の休日になった。
悲しいことが1つ。小さな馬に草をあげようと近づくがそっぽを向かれた。その後何度か挑戦するも無視され続け。猫は懐いてくれるのに、馬はダメらしい。こんなに嫌われたのも初めてだ。ウマくいかないこともあるもんだ。

 

関連記事

  1. ワインを貯蔵していた樽

    樽は生きている

  2. 魔法の鏡

  3. めったにないこと

  4. 家族の物語を繋ぐ小さな木の椅子に

  5. 木馬の名前は「アオ」

  6. 洋樽の来歴を語るエンブレム

  7. カンナで木を削っている時に・・・

  8. 飴色になった木のコーヒースプーン

    朝カフェ

PAGE TOP