2018年。最後の日に。

この扉からたくさんの作品を送り出すことができた一年だった。ありがとうございます。
作品を買ってくださったお客様が「ありがとうございます。」と言ってくださった。ただただ、ありがたすぎてお返しする言葉が見つからない。仕事を続けてきて本当によかったなあとしみじみと思うし、まだまだ仕事をたくさんしたいと思う。
12月28日にテーブルと椅子を納品した折の「メンテナンスはいつぐらいまで大丈夫ですか?」という質問に「あと20年くらいは」と答えてしまった。意欲満々です(笑)
感謝と意欲と共に新しい年を迎えます。ありがとうございます。

関連記事

  1. 親ごころ〜手児奈展

  2. めったにないこと

  3. 飴色になった木のコーヒースプーン

    朝カフェ

  4. 木製レモン絞り

  5. 洋樽の来歴を語るエンブレム

  6. 木馬の名前は「アオ」

  7. SHIMS FURNITUREの焼印

    むずかしい焼印

  8. ワインを貯蔵していた樽

    樽は生きている

PAGE TOP